銀行カードローンの審査方法とは?

銀行カードローンの審査方法と必要書類は?お申込みに関する情報

銀行に関する借入の仕方とは

銀行カードローンのメインバンクとそうでない場合の審査基準の違い

銀行のカードローンといえば消費者金融や信販会社のそれと比較して審査基準が厳しいイメージがあります。 確かに、これらと比較して低利で借入できるのですから、その分、審査が厳しいというよりは、借り手に返済能力があるかどうか、きちんと調査するのは、貸し手の立場からすれば当然のことです。 これに対して高利で貸付する業者の場合には、その分、借り手から利益確保をしていますから、一部債権回収できなくとも経営に大きく影響しません。 一般的に銀行に限らずすべてのカードローンでは、まず身元調査をします。 これは素行調査ではなく、申請された住所に住んでいて、電話もきちんとつながっているかどうか、あるいは申請した勤務先に嘘偽りなく在勤しているかどうかなどです。 借り手の借入希望額が少額で良いならば、身元が確認できればこの時点で融資されます。 いくらが少額なのかは金融機関で異なりますが、少ないものでは10万円、多いものでは100万円以下の範囲です。 ただ、この際に借入金利がいくらになるのかは、貸し手が借り手に与える信用保証枠で決まります。 これが多ければ多いほど、利率も低くなるのです。 この時、消費者金融では、借り手の希望額が少なければ、そのものにいくら保証能力があっても、希望額に見合う保証枠しか与えません。 いくらまで貸せるか調査していたら時間がかかるのと、額が低ければそれだけ高利に貸せるからです。 一方、銀行では、たとえ希望額が少額でも、厳密にいくらまで貸せるのか、保証枠を与えられるのかを調査します。 なので時間がかかっても仕方ありません。 そして、希望額とは関係なく、保証枠が決まりますので、結果的により低利に借りられるのです。 とはいえ、自分が給与振り込みや公共料金支払いに使っているメインバンクであれば、借り手のお金の入出金パターンがわかっているだけに、信用枠を与えるための審査基準も大幅に簡略できますので、結果的にスピード審査となる可能性があります。

銀行の審査が通りやすいクレジットカード情報はこちら

申し込み方法も簡単で、サービスの条件も良いのは、ソニー銀行です

インターネット銀行という言葉を知っておられるでしょうか? インターネットなどを介しての取引に特化した銀行のことです。 その中で知名度があるのが、ソニー銀行です。 個人の為にあらゆる金融商品やサービスを提供していて、カードローンに住宅ローン、定期預金などなど様々です。 一般の銀行は、サービスを受けるためには一度は赴かなければなりません。 しかし、こちらの銀行はその必要がないのです。 口座開設の申し込み方法を例にあげて説明してみます。 まず、インターネットで銀行のサイトから開設の申し込みをします。 すると、開設の完了メールが送られてきます。 申込書が不要で、煩雑さがなくてよいですね。 つぎに、申し込んだ本人に後日郵便が送られてきます。 条件として申込者しか受けとれないので、免許証や年金手帳などを見せて本人確認をします。 確認がとれれば、キャッシュカードが送られてきます。 ただし、15歳未満のお子さんや、88歳以上の方、そして日本国籍でない方は、郵送での口座開設になりますから、ご注意ください。 通帳がないのですかという質問があがってきそうですが、お金の管理はパソコンなどで365日24時間、いつでも見ることができるので必要ないのです。 それから、カードローンも良く利用されるサービスですが、ソニー銀行の金利はかなり安めです。 残念なことに今は新規のカードローンの申し込みを停止していますが、インターネットを使っての提供により、コストが削減できるのでこの利率にできるのです。 とても考えられた仕組みです。 お得で、負担も少なく、便利なソニー銀行を活用しない手はありません。